人気のスライドドア!軽自動車売れ筋ランキング

子育てママ応援!人気スライドドア軽自動車を紹介します。
スライドドアの軽自動車の特徴としてはなんといっても省スペース+乗り降りしやすいこと♪
リモコンとワンタッチで横にドアがひらくので狭い駐車場などで大活躍。「アッ、子どもが隣の車にあてちゃった><」というトラブルもふせげますよ♪ スライドドアの軽自動車はまだまだ少なくて、3車種しかありませんでしたよ。

人気のスライドドア!軽自動車ランキング

順位/車種名特徴ドア開口幅見積はこちら♪
◎1位 ダイハツ
タント
・両面スライドドア(左右どちら側からも乗り降りOK)。
・軽のなかで唯一、前後ドアの柱をとりのぞいたつくり。開口幅は一番大きい(=ミラクルオープンドア)。
・148センチ(助手席側のみ)
・58センチ(運転席側)
新車本体価格:約117~175万

⇒ダイハツ【タント】中古車でさがす
◎2位
ホンダ【N BOX】


・両面スライドドア(左右どちら側からも乗り降りOK)
・子どもがつかめるロンググリップ装備。
・64センチ
(開口幅が軽カーよりも大きめ。普通車のミニバン並の開口幅となっている)
新車本体価格:約135~193万
⇒ホンダ【N BOX】中古車でさがす
◎3位 
スズキ スペーシア




(スペーシア旧モデル)
スズキ パレット
・両面スライドドア(左右どちら側からも乗り降りOK)。
・ステップが低めなので赤ちゃんをだっこしても楽々。
・58センチ
(スペーシアは2013/3月新発売車種。旧モデル=パレット。)

※スペーシア & パレットの主な違いは (1)内部スペースがより広くなったこと (2)パレットと比べて、スペーシアのほうが燃費がよくなったことの2点です。車体デザインなどはほぼ同じ。
新型パレット「スペーシア」新車価格:122~178万
⇒スズキ【スペーシア】中古車でさがす


スペーシア旧モデルの「パレット」は中古車ででまわっています。
⇒【パレット】を中古車でさがす

普通自動車のミニバンなみの開口幅の軽カーもあります。
今は軽だからといって装備がちゃちい~なんてことはありません。実はまったくの逆! 軽カーは維持費がやすいぶん内装や設備はかなり豪華になっています。
ちっちゃくてかわいくて便利な軽カーをたのしくえらびたいですね。

このページの人気ランキングは去年の出荷実績+管理人のママ視点からランキングづけしました。よかったら参考にしてくださいね(^v^)ノ
※中古車&新車の見積もりは電話番号はきっちり記入しましょう。イタズラと勘違いされて連絡がこない場合がありますよ。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ